日本語学校ではどんな人が学んでいるのか

日本語を学んでいる人々の年齢、職業は様々です。
それによって日本語を学ぶ目的も異なってきます。


どんな目的で日本語を学んでいるのか主な学習者の層を、日本語学校の教師は整理しておかなくてはなりません。
就学生ピザで来日した学習者のほとんどは、一般の日本語学校で日本語を学びますが彼らの日本語学習の目的は、まず日本での基本的な生活に支障をきたさない日本語を身につけることです。この目的はみな共通しますが、さらに進学を目的とする就学生と就職を目的とする就学生に分かれます。

前者の場合は日本語能力検定などの試験対策と受験の準備も、学校に通う目的になります。

今、評判なのはこちらの日本語学校を利用するなら此方のサイトです。

後者の場合は職場でのコミュニケーションを円滑にするため、そして就職活動をするための日本語力の強化が主な目的になります。



一方留学生はすでに大学や専門学校等に入学している人たちなので、進学準備などは必要がありませんが日本で不自由なく生活するための日本語力と学校の講義を聞き取ることができる力、そして学校の課題をこなす読解力、文章力の強化が主な目的になります。

在籍している大学などに留学生のための日本語クラスがない場合、日本語力が不足している留学生は日本語学校に通うことになりますが、留学生別科がある場合は留学生はそこで日本語を学びます。


基本的に留学生別科では、留学生が大学等の講義についていけるだけの日本語力を身につけることが目的になります。



大学には留学生別科のほかにも、正規の科目としての日本語クラスを設けている場合もあります。